令和2年度 宮商行事のアルバム

令和2年度 宮商行事のアルバム

第4回学校説明会実施

令和3年1月16日(土)第4回学校説明会が無事終了いたしました。参加して頂いた中学生や保護者様の感染防止対策のご協力を頂き、内容は一部縮小となりましたが実施することができました。予定していた生徒の発表は出来ませんでしたが、学校の様子VTRや事前に3年生の生徒を撮影した進路体験発表の内容をご覧いただき、進路実現の取り組みや入試についてと学校の様子をお伝えしました。

 次回は、令和3年2月1日(月)イブニング相談会を実施の予定です。

 受付16時30分から 個別相談17時00分となります。

 

 

3学期始業式校長挨拶

 皆さん、おはようございます。そして、あけましておめでとうございます。

まず何よりも、冬休み中に大きな事故もなく、皆さんが元気に登校してくれたことをとてもうれしく思います。

この年末年始は、コロナ禍で今までに経験したことがない時間を過ごしたことでしょう。皆さんに卒業・進級してもらいたいと願っているのは、私だけではなく、御家族の方や先生方の願いでもあります。改めて、生活面や学習面をしっかり見直し、無事に卒業・進級してください。

暦の上では、新しい年が始まりました。新たな価値観や生き方が問われている中、この1年の目標を立て、目標に向かって失敗を恐れず挑み続ける姿、そして成長していく姿をイメージして取り組んでください。

さて、今年は「丑年」です。皆さん、十二支については知っていますか。十二支は、「子(ねずみ)・丑(うし)・寅(とら)・卯(うさぎ)・辰(たつ)・巳(へび)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(いのしし)の12種類からなり立っています。

今日は、今年の干支である「牛」について話をします。牛はおっとりしているようですが、とても力持ちで、昔から食牛・乳牛・耕牛(畑を耕す牛)として、農業を中心に人間を助けるとても大切な動物です。そして、荷物を運ぶための労働力として、人間の生活に欠かせない動物でした。真面目に働く姿が「誠実さ」をあらわし、縁起の良い動物として十二支に加えられたとも言われているそうです。また、「丑年」は、先を急がず一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年とのことです。牛は、大変な農作業をしっかり手伝ってくれる姿から、「丑年」は、「我慢、耐える」や「発展の前触れ、芽が出る」というような年になるとも言われています。急いで結果を求めるのではなく、結果に結びつくことを地道にコツコツと積み上げていく年と言われているようです。

さあ、皆さん。今は、自分の歩幅で一歩一歩確実に歩を進め、社会に寄り添う一歩を進めてください。歩を進めていくことで、きっと何かが見えてくることでしょう。

 昨日、政府から緊急事態宣言が出されました。皆さんには、今まで以上に学校や家庭で新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、様々な面で協力してもらうことが必要になります。ぜひ、皆さんには、ウイズコロナと言われている日本の社会で生活する一人の人間として、「何ができるのか」をしっかり考えて行動してください。今は、我慢です。今は、周囲の人にいたわりや感謝を言葉や態度で表すことが必要です。皆さんと職員が力を合わせ、周囲の人とともに社会全体で感染拡大を終息させましょう。

 短い3学期ですが、健康で明るく、笑顔に溢れた学校生活にしましょう。

 以上で校長からの話を終わります。

 

              令和3年1月8日

              埼玉県立大宮商業高等学校長 齋藤俊樹

【全校】第3学期の始業式を実施しました

 1月8日(金)第3学期の始業式を実施しました。今回の式も放送により実施しました。

 式では、校長からコロナウイルスの感染拡大防止に関する留意事項の確認などがなされました。

 「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避を1人1人が強く意識して、くれぐれも体調の管理を怠らないようにして学校生活を送りましょう。

【校長からの講話】

 校長講話

【生徒の様子】

生徒の様子

歳末たすけあい

大宮工業高校 × 大宮商業高校

「さいたま市(大宮)の専門高校連携プロジェクト」

~たすけあいの和 輝く専門技術高校~

 「NHK 歳末たすけあい」募金活動を令和2年12月21日(月)16:30~17:30 大宮駅周辺(東口および西口のロータリー)にて実施しました。

 小さいお子様から高校生、お仕事帰りの方・・・多くの皆様に募金をしていただき本当にありがとうございました。私たちの活動にご理解をいただき、足を止めて募金をしていただき、そして、温かい言葉をかけていただき、私たちも心温まる日となりました。

 次回は、令和3年1月20日(水)浦和駅ロータリー(西口)にて、「医療従事者のための募金活動」を行います。お近くにお越しの際は、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

2学期終業式校長挨拶

 皆さん、おはようございます。
 第2学期は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、学校行事も中止や縮小することとなり、大変申し訳なく思っています。皆さんには、健康観察をはじめ、様々な面で協力してもらい、おかげさまで無事に第2学期の終業式を迎えることができました。本当にありがとうございます。
 その中で、先日のミニ宮商祭や球技大会で、皆さんの楽しそうな様子や笑顔を見ることができて良かったと思っています。発表・作品展示や運営にあたってくれた皆さん、ルール・マナーを守り参加してくれた皆さんの協力で無事に終えることができました。さらに、生徒会の皆さんの挨拶運動や地域へ出向き協力してくれた皆さんなど、すべてを紹介することができませんが、本当にありがとうございました。とても頼もしく見えました。皆さんの温かい気持ちに感激しています。

 さて、令和2年は、皆さんにとって、どのような1年だったでしょうか。
 一年の世相を表す「今年の漢字」に「密」という字が選ばれました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、3密(密閉・密集・密接)の回避を多く発信したことが反映したそうです。主な理由としては、人々が「密」を避けて行動したこと。また、「新しい生活様式」の中での生活が始まり、改めて、大切な人との関わりが密になったことでもあるようです。清水寺の森清範(もり せいはん)貫主は、「密は心のつながりも表す。新型コロナウイルスの感染拡大で国民や医療従事者が苦労している中、日本中が努力してこの状況に向かっているのをありがたいと思いながら書いた」と話されていました。
 皆さん、この話を聴いてどう思いましたか。私たちは、つい一年前までは、何気なく人と会い、話をする中で、コミュニケーションをとっていました。しかし、今は、様々なことが制限されて、これまでの日常生活とは大きく異なる行動をせざるを得ない状況となりました。きっと今までの何気ない当たり前のことが、いかに大切なことであったのかを感じていると思います。

 まだまだ、新型コロナウイルスについては油断できません。年末年始を控えて、自分で学ぶ姿勢、自分で考える気持ち、自分の意思で行動できる精神力を忘れないでください。
 ぜひ、皆さんには、この冬休みに来年の目標とともに「今までの日常がいかにかけがえのないものだったのか、そのために今何をなすべきなのか」をしっかり考えてもらいたいと思います。
 来年、1月8日、皆さんの元気な姿を、見せてもらうことを楽しみにしています。


令和2年12月24日
埼玉県立大宮商業高等学校長 齋藤 俊樹