令和4年度 宮商アルバム

1学期終業式校長挨拶(要約)

令和3年度 第1学期終業式 校長挨拶(要約)

 皆さん、おはようございます。

 今年度も、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、皆さんには様々な面で協力してもらい、無事に第1学期終業式を迎えることができました。本当にありがとうございました。

 皆さんには、引き続き、新型コロナウイルス感染拡大のリスクを高める3つの密を避けて、不要不急の外出や登下校時の寄り道などを自粛してください。そして、自分自身と大切な人を守るための自覚ある行動で感染症予防の徹底をお願いします。

  さて、明日から、夏休みになります。ぜひ、皆さんには、どのような時間の使い方をするのか、どのような行動をしたらよいのか、今一度考えてもらいたいと思います。今、私たちは「当たり前の日常へのありがたさ」を痛感しているはずです。新しい生活様式やリモートワークなど、ライフスタイルの変化をもたらしただけではなく、私たちの物事に対する捉え方や考え方にも大きな影響を与えました。今だからこそ、いろいろなことを感じて、考えてください。まだまだ、先行きは不透明で油断することができない状況ですが、今を大事にして、自分で考えて行動してください。この経験は、きっと皆さんの財産となり強みになります。

 3年生の皆さん、いよいよ進路を決める大切な時期になりました。私たち職員は、これまでの皆さんの頑張りをずっと見てきました。これからは、身につけた力を発揮する時です。下級生や全職員で応援していきます。人と比べることなく、自分が頑張ってきたことに自信を持ってください。

  終わりに、9月1日の第2学期始業式に皆さんが明るく元気に顔を見せてくれることを願っています。以上です。

 

          令和3年7月20日

          埼玉県立大宮商業高等学校長 齋藤俊樹