宮商定時制日誌

令和3年度 進路講話 

3/15(金)に就職支援アドバイザー榎本美知恵先生による進路講話が行われました。

内容は「交流分析(効果的なコミュニケーションの取り組み)(自己理解の気づき)」に関することでした。

その中で行われた共通点探しゲームでは、話したことがない生徒同士、もしくは、話したことがある生徒である場合は、お互いが知らない共通点を探そうというものでした。

共通点がたくさんあれば良いというものではなく、共通点が少なかったとしても、その共通点を用いて会話をすることで、会話がしやくなることへの気づきを目的とされていました。

その取り組みの中で生徒たちが話したことがない相手であっても、楽しそうに会話ができていたのを垣間見ることができ、非常な有意義の進路講話となりました。

榎本先生ありがとうございました。